doroguba(ドログバ)は副業としてアリ?ナシ?経験者のリアルな声まとめ!

doroguba(ドログバ)のようなネットワークビジネスも今副業として注目され始めました。まだねずみ講?詐欺?などと感じている人も多いようですが、実際副業としてアリ?ナシ?稼げるのか?という気になる部分を経験者たちに聞いてみました。どうせやるなら、収入にきちんとつながる副業をやりたいですよね。副業を選ぶ際の判断材料になるはずです。

副業のすゝめ

政府による働き方改革関連法が2019年4月に施行され、副業が促進されることとなりました。これまでは、勤めている場合、許可なく他の会社で働いてはいけないとされてきました。しかし現在では、労働者が労働時間以外をどのように過ごそうが労働者の自由であるとなりました。

このように変わった理由として、労働者のスキルアップのため、やりたいことをするため、など様々なことが挙げられています。しかし実際のところ、現状では労働者達の給与所得が増えず、退職金もあまり期待できないため、自ら蓄えて欲しいという政府の心の現れであると言えます。

このような副業解禁時代に、doroguba(ドログバ)などのネットワークビジネスを副業とするのはありかなしかを考えてみたいと思います。ネットワークビジネスはどのような特徴があるのかをまとめてみました。

始めるためのハードルが低い

doroguba(ドログバ)はじめネットワークビジネスは入会金や毎月の購入費などがかかりますが、それだけでビジネスを始めることができます。一人一人が事業主として成り立っています。普通は個人で事業を始めるとなると膨大な資金を用意しなければなりません。そして倒産のリスクも抱えることとなります。それを考えると、少額で始めることのできるdoroguba(ドログバ)、ネットワークビジネスは、とても始めやすいビジネスだと言えます。

簡単に始められるけれど、簡単に成功するわけではない

気軽に始めることはできましたが、実際稼げるようになるには時間がかかります。普通の人は何のツテも技術もなく始めるはずですので、何をどうして良いのかわからずdoroguba(ドログバ)のセミナーに通ったりすることから始めると思います。多くの人がとても苦労しているのは事実で、実際に友達を勧誘して敬遠されたりするという話もとても多いです。しかし、自分たちのやり方などを習得してコツコツ続ければ成功する可能性も秘めています。doroguba(ドログバ)は簡単ではありませんが、正しく行動すれば結果に繋がるかもしれません。

良い商品を使うことができる

doroguba(ドログバ)だけでなくネットワークビジネスで扱っている商品は高品質のものばかりです。MLMは宣伝にお金をかけていない分、商品に力を注ぐことが出来ます。また、他の商品と差別化する意味も込めて高品質のものになっています。それを毎月使用できるのはやはり自分自身にとっても良いことです。

人のためになる、win-winの関係になれる

実はネットワークビジネスは人のためになる仕事です。それは良い商品を紹介しているということはもちろんのこと、組織を作るために自分のダウンのケアを丁寧にする必要があるからです。組織を確かなものにするためには、自分のダウンにノウハウを教えて一人一人が活動できるように育てることがとても大切です。そうすれば、組織は大きくなり自分の収入も増えていきます。お互いのためになるビジネスです。

詐欺だと誤解されやすい

ネットワークビジネスは詐欺だと言われてしまうことがあるのも事実です。これは、ちゃんとした勧誘の仕方をしていないせいで起こります。強引な勧誘や、ちゃんと説明していなかった、良いことしか聞いていなかった。簡単に収入になると言われたのに全然ならなかったなど、甘言に誘われたりして参入した人に多く見られることだと言えます。ネットワークビジネスとはどのようなものかをちゃんと認識せずに始めたことによる誤解だと言えます。強引な勧誘や、良いことしか伝えない場合、相手は騙されたと思うようになります。ちゃんと事実を伝えることが大切です。

まとめ

doroguba(ドログバ)などのネットワークビジネスはとても優秀なビジネスですが、まだまだ誤解されている部分もあります。強引に勧誘してもお互いのために良くない結果になりますので、ちゃんと正しく活動する必要があります。そうすれば、これからの人生において長く続けられる良い仕事になると言えます。副業としても、成功すれば本業としてもやっていけるのではないでしょうか。

人脈はないけどダウンが出来る方法

ネットワークビジネスをするためには多くの人にその内容を伝えないと行けませんよね。人脈がなかったり口下手だったり、得意な人とそうでない人に大きな差が生まれるところです。仲の良い友人や、自分のことを心配してくれる親戚などには特に話しにくいと思います。

しかし興味を持ってくれる人、情報を欲しがっている人が自ら問い合わせてくれたらどうでしょう?お互いにとって嬉しいことですよね。そんな夢のような話に興味はありませんか?

【友達NG!!】SNSでダウンが自動に増えていく~オンラインリクルート法とは!